Schedule

わんこの学校で学べること

1日お預かりするなかで、ドッグラン・グルーミング・みんなでトレーニング!
1頭1頭のトレーニング・お散歩トレーニングの学校のメニューを通じて、その犬の根本的な問題行動・社会性をトレーニングすることが出来ます。

“犬のしつけは社会化で始まり社会化で終わる”と言われるほど大切です。
社会化とは、人間の社会で犬が一緒に暮らしていくために社会の出来事に犬自身が対応出来るように、さまざまなものに接したり触れたりすることで、あらゆる環境に慣らしていくことをいいます。

犬同士
いろいろな大きさ・色・年齢の犬と会わせます。
相手の反応をみながら、挨拶・遊ぶルールの取り決め・グループでの協調性などを経験させ、上手にコミュニケ―ションをとれるようにします。
また、犬同士の遊びから学ぶことはもっともっとあります。
遊べるようになった犬は、犬としての自信を身につけ、小さなことにビクビクしなくなります。
人間社会のルール
老若男女偏りなく多くの人に会わせます。
人とのコミュニケーションの方法を教えます。
どこを触られても過剰に反応せず、リラックスできるようにします。
人(特に子供・お年寄り・男性)に対して、唸る・咬む・吠える等の好ましくない行動をとらないように慣らしていきます。
環境
音・物の刺激(ストレス)があっても、リラックスして状況判断できるようにします。
*散歩で
└道路を走る車・バイク・トラックなど
└カラス・猫・すれ違う犬など
└駅・デパートなど
社会化トレーニングをすることで、どこへでも安心して連れていけるようになります。

わんこの学校だけでは出来ないこと

飼い主様の協力が必要です。

学校での一日を通して訓練士が把握した犬の性格や問題行動などを理解して頂き、下校時のワンポイントレッスンを積み重ねることで、「学校ではいい子だけどお家では悪い子…」にならず、飼い主様と愛犬の深いパートナー関係が築かれていくのです。

学校の一日

個別しつけトレーニング・問題行動解消・ドッグラン学習・クレートトレーニング・お散歩学習・様々な音に慣れるトレーニング・ドッグスポーツ練習、および社会性を伸ばすトレーニングを行います。

【10:30】登校(送迎有料(片道も可))

行動や糞便など、わんちゃんの健康状態をチェック。

【11:00】お手入れ

ボディタッチ練習。
ブラッシング・耳そうじ・爪切りなど。

【11:30】トレーニング(基本的なしつけから上級トレーニングまで個別に対応)

基本:トイレトレーニング「おすわり」「お手」「待て」「臥せ」「付いて」など。
刺激:自転車・台車・シャッター音・犬同士のすれ違いなどへの対応訓練。
音響:ベル・花火・雷音への対応訓練。
クリッカートレーニング:犬自身が考えるトレーニング。

【14:00】休憩

一頭ずつクレートでひと休み。

【15:00】ドッグラン

訓練士がわんちゃん同士の相性を見ながら、みんなで楽しく遊んでお勉強。

【16:00】お散歩

引っ張り・吠えなど個々の問題行動に合わせて、駅前・公園・線路沿い・学校など、様々な環境でトレーニング。

下校時にお渡しする連絡帳

【17:00】下校(送迎有料(片道も可))

一日のトレーニング内容を記載した連絡帳をお渡しし、飼い主様と共に問題行動への対処も含めたワンポイントレッスン。

わんこの学校施設紹介

  • 広ーいドッグラン。用途に合わせて仕切ることが可能です。
  • 滑りづらい床材の広いレッスンスペース。
  • トレーナーがわんこたちの相性を見ながら楽しくお勉強。
  • 「デスク!」の指示で、台に手を乗せた体勢でオスワリ!!
  • アジリティ(障害物)もトレーニングの項目として学べます。